丸亀市の占い処 輝石堂・きせきどうがお便りをお届けします

家を建て替える前に気をつけること【九星気学】

住宅 解体

家を建て替える前に気をつけること【九星気学】

主婦「古くなった家を建て直そうかと悩んでいるんだけど、気をつけることってあるのかしら」

誰に向けての記事なのか
家を建て替えようかと悩んでいる人

 

記事を読むメリット
家を建て替える前にしなければいけないことがわかる

 

こんにちは、キタです。
現在、私は香川県で一般の方から経営者の方まで幅広く占いをさせていただいています。ありがたいことに店舗は8年以上も継続させていただいています。



スポンサードサーチ

家を建て替える前に気をつけること【九星気学】

家を建て替える前に気をつけること【九星気学】
家が古くなってきたので、そろそろ家を建て替えようかと悩んでいる方がいるかもしれません。あるいは、家族構成の変化により、考えている方もいることでしょう。

でも、その前にしなければいけないことがあるんです。

ある作業の必要性

以前ブログに、『植物は大地に根を張って成長しますが、人間も同様、空間に根を張って成長していくと考えられています。』ということを、書かせていただきました。

参考記事 2020年3月に北方位への引っ越しが決定 新居探しは?

私たちが現在生活している空間には、少しずつ根(太極)が張られていきます。その張られた根が、解体によって、いきなり切断されたらどうなると思いますか?

大地に根を張った植物だって、根を切られると、次第に枯れていきます。

植物と同様、人間だって同じ現象が起きてくるんです。

そうならないためには、ある作業が必要なんです。

それは、気抜きです。

太極が移動してから解体する

太極が移動するには、45日から60日が必要とされています。

新しい家ができるまでは、仮移転先に住むようになると思いますが、その場所に根(太極)が移動してから、古い家を解体するようにしてください。

また、仮移転先に移動する時は、吉方位が巡ってきた時が一番いいですが、なかなかそうはいきません。

五大凶殺である、五黄殺、暗剣殺、破、本命殺、本命的殺は避けた方がいいです。

小さな子供さんがいるご家庭では、小児殺にも注意が必要です。

新しい家が完成し入居する時は、吉方で戻ることを忘れないでください。

    まとめ

  • 建て替える前には、気抜きが必要
  • 太極の移動を忘れずに
  • 仮移転先に移動する時は五大凶殺を避ける
  • 完成した家には吉方で戻る
※ご注意

九星気学のみで出した方位は、開運の為の吉方旅行や引っ越しなどに使用する場合、あまりお勧めしません。

吉方位がお知りになりたい場合は、おひとりおひとりの生年月日、ご住所からより詳しい方位選定が必要となってきます。

ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

ご相談談やお問い合わせ、鑑定依頼など

お気軽にメッセージください。
» お問い合わせ

上記内容に関する記事

2020年3月に北方位への引っ越しが決定 新居探しは?

県外への大学進学にて、子供さんの引っ越しを考えている方も多いことでしょう。
吉方位を望むなら、どこの場所を基準に方位を出していけばいいのかを書いています。
また、凶方位に向かってしまった時の対処法についても解説しています。

» この記事を読む

子供が避けたい凶方位【小児殺】書籍紹介

子供だけに存在する凶方位。
この方位は、いろいろ見解があるようです。
一方では、重視すると言われ、ある一方では、無視するという方もいるようです。
私の経験上では、無視してはいけない方位だと思いますので、ご説明させていただきます。

» この記事を読む

ご相談談やお問い合わせ、鑑定依頼など

お気軽にメッセージください。
» お問い合わせ

人気記事本命星の計算方法とは【九星気学】

人気記事【好転反応】吉方旅行後の好転反応に悩んでいます