丸亀市の占い処 輝石堂・きせきどうがお便りをお届けします

2020年方位取りの効果が高まる月とは?【本命星別吉方位】

占い 引っ越し 方位

2020年方位取りの効果が高まる月とは?

吉方位大好きっ子さん「いつもの吉方位旅行以上に、開運効果が高まる月が巡ってくるんでしょ!でっ、いついつ?!」

こんにちは、キタです。
現在、私は香川県で一般の方から経営者の方まで幅広く占いをさせていただいています。ありがたいことに店舗は8年以上も継続させていただいています。

吉方位旅行をして、さらに効果が高まる月がもうすぐ巡ってきますね。ご家族、お一人、あるいは恋人と吉方位旅行を計画されている方がいるかもしれません。

では、一般的に知られている『九星気学のみでみた吉方位』をお伝えしていきます。

スポンサードサーチ

2020年方位取りの効果が高まる月とは?【本命星別吉方位】

2020年方位取りの効果が高まる月とは?【本命星別吉方位】
年盤、月盤が同じになる、年月同盤月の3月に方位取りをすれば効果が高まるといわれています。

3月は、啓蟄から清明前日の、3月5日から4月3日までです。

また、年盤、月盤、日盤がすべて同じになる日があります。7・16・25日の3日間です。この日に出発をしますと、さらに吉方効果が高まるといわれています。

4月3日も同じ日盤ですが、節入り付近は使用を避けます。

各九星が向かえる方位は?

向かえる方位は、年盤月盤ともに五黄殺、暗剣殺、破が入っていない、南東、南西、北西、北、北東です。

・南東方位:一白水星・二黒土星・五黄土星・七赤金星が使用できます
・南西方位:三碧木星・九紫火星が使用できます
・北西方位:二黒土星・五黄土星・七赤金星・九紫火星が使用できます
・北方位 :一白水星・四緑木星・九紫火星が使用できます
・北東方位:三碧木星・六白金星・七赤金星が使用できます
※上記方位は、自己責任でご利用願います。

自分が生まれた年の九星とは?

九星の出し方とは?

★一白水星 →大正7、昭和2、11、20、29、38、47、56、平成2、平成11
★二黒土星 →大正6、15、昭和10、19、28、37、46、55、平成元、平成10
★三碧木星 →大正14、昭和 9、18、27、36、45、54、63、平成9
★四緑木星 →大正13、昭和8、17、26、35、44、53、62、平成8
★五黄土星 →大正12、昭和7、16、25、34、43、52、61、平成7
★六白金星 →大正11、昭和6、15、24、33、42、51、60、平成6
★七赤金星 →大正10、昭和5、14、23、32、41、50、59、平成5
★八白土星 →大正9、昭和4、13、22、31、40、49、58、平成4
★九紫火星 →大正8、昭和3、12、21、30、39、48、57、平成3、平成12
ご参考までに
    ※ご注意

    九星気学のみで出した方位は、開運の為の吉方旅行や引っ越しなどに使用する場合、あまりお勧めしません。

吉方位がお知りになりたい場合は、おひとりおひとりの生年月日、ご住所からより詳しい方位選定が必要となってきます。
ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

ご相談談やお問い合わせ、鑑定依頼など

お気軽にメッセージください。
» お問い合わせ

人気記事【あなたの運勢悪い?】2020年の運勢占い1

人気記事【好転反応】吉方旅行後の好転反応に悩んでいます